相続税

法律~相続税~のWebサイト


相続税について

最近の贈与税の改正の可能性も話題になっていた相続税。相続税のことなんて、家には相続する程財産なんてないし、という風に思われているかもしれませんが、2011年の税制改革では、基本的に相続税は増税、また贈与税は減税になっています。贈与税は相続税に非常に関わりが深く、つまりは相続税負担を減らす為に年々贈与を少しずつ繰り返して相続税負担額を減らすことができるので、相続税と贈与税の仕組みについてよく知っておく必要があります。またこれからおそらくは相続税の基礎控除額が少なくなるので、より相続時の税負担が多くなることが言われています。つまり税金を払う必要がある金額の基準が下がれば、いままで相続税を払う必要の無かった人でさえも、払う権利がでてくるということです。そんなに沢山じゃないから大丈夫だよ、と思って油断していると大変なことになります。遺産が相続税の基礎控除額を超える場合は、相続税がかかる上、いま現在の税制でも相続税がかかることが予想される人も増税になることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。また、いままでは死亡保険金の非課税額が法定相続人あたり500万円まで控除されていたのですが、この法定相続人にも条件がついて、未成年、障害者、また生計を一つにする者の3者以外は非課税ではなくなるのです。ですからもし法定相続人だったとしても独立して生計を立てている場合には、もうこの控除が使えなくなるのです。そう考えるとより一層現実味を帯びてきましたね。ですからまずは税金、特に相続税の法律の動向にこれからも注意しておいた方がいいですね。一般家庭でさえ、持ち家がある人、または普通に生命保険をかけていたならば、死亡時には何千万という保険金が入る人は相当数いるでしょう。そんなごく普通の一般家庭でさえ、これからは相続の悩みを抱えることが普通になるかもしれないのです。また2億円以上の場合も相続税の税率が高くなっているので、一般人だけではなく、お金持ちにも増税が重くのしかかることになります。